2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ブータンミュージアム

Monthly Archives

Search



atom.png

rss2.png



blog



                      Movable Type 3.2-ja-2

template by tokyobuddha

平成時代

7月18日
平成時代
昭和34年(1959年)4月、私は同志社大学経済学部を卒業、三谷商事蠅愼社。皇太子の御成婚が華やかに報じられた。民間から美智子妃を迎えられ、国民が等しく寿いだ。この時、私にとっての平成がはじまった。今から59年前のことである。そして現在は平成30年の5月。いよいよ来年で平成は終わる。美智子妃は日本国民の歓喜の中に常におられた。私にとってもこの59年間は激動の時代だった。そして更にこれからに期待している。

新時代

7月17日
新時代
常に前をみている事は楽しい。道を振り返る人生を否定しつづけてきた。昨日地元新聞に私の記事が掲載された。AIを農業に生かす経営と、東京一極集中を打破し人口減に悩む福井県へ若者のIターン、Uターンを促進する受け皿づくりの二つを取り上げてくれた。農業の経営は厳しい。少子高齢化も厳しい。その厳しさを克服する努力が必要だ。このテーマが81歳をこえた私の今日からの道である。この道を歩きたい。

日本農業の担い手

7月16日
日本農業の担い手
2010年実績64才以下100万人
2015年実績64才以下75万人
2020年予測64才以下55万人
2025年予測64才以下30万人
2020年には、2015年と比較すると20万人も減少し、さらに2025年には25万人減少してしまう。
正に異常事態である。早急に対策をたてなければならない。農業法人を経営する私は、都会の若者に「大自然を相手に美しい空気、美味しい水、素晴らしい環境の中でのびのびと人生を謳歌する生活に注目するよう呼びかけている」「帰りなんいざ田園まさに荒れんとす」の呼びかけである。

人生いろいろ人さまざま

7月15日
人生いろいろ人さまざま
Iターン、Uターンの新入社員を公募している。毎週何人かの応募がある。職歴、年齢、性格等が全然違うので面接する方もされる方も大変だ。若い人はとにかく年配者は面白い。話を聞いているだけで勉強になる。一騎当千の士たちが入社してくれることを祈っている。

ショートショート『自然の猛威』2

7月14日
ショートショート『自然の猛威』2
・人間の 備えの弱さ あざ笑う 自然の猛威 荒れ狂うなり
・農業は 太陽次第と 祖父よりの 知恵を頼りにコワゴワ歩む
・雨露を しのぐハウスを とりあえず 十棟建てて 挑戦はじむ
・しおれたる きゅうり散水 次の日に 勢いまして 腰抜かしたり

画家になりたかった私。22才で断念、商社マンに!

7月13日
画家になりたかった私。22才で断念、商社マンに!
商社マンとしての仕事は付加価値の追求である。付加価値の追求は、無意識の元での報酬の追求。そうするとドーパミンが出てくる。「追及→達成→ドーパミンが出てくる」サイクル。画家という職業(工芸家も同じ)は自らがハンドルを操り目標設定とそれに向かう努力、そしてその達成感を味わうまでの一連の過程を自分の意志で実行できる。幸せな職業と言える。一心不乱に努力する人は幸福になる。瞑想。即ち坐禅の極地。脳内物質のセロトニンが分泌されている状態。真っ白なキャンバスに向かう=すなわち「完成」は不確実。この繰り返しがプラスに働く。必ず達成感が得られる。
「テロメア」は一点に心を集中させる。「サマタ瞑想」を3カ月繰り返すとテロメラーゼの値が大幅に増える。
CHA CHA CHAは4拍子。三三七拍子は4拍子。だからよい。画家という生き方がテロメアの傷つくスピードを遅くする。テロメアを長持ちさせる。脳の使い方によって神経細胞の死滅が遅くなり長寿実現。テロメアは短くなるだけでなく「生活習慣、精神状態」により、長くなったり短くなったりする。テロメアを支配するのは何か。それは「十方よしの心」「MOTの心」「CHA CHA CHA」「混濁の海を一心不乱に泳ぎつづける」
モチベーション目的意識の高い人ほど健康長寿。感受性喜怒哀楽。感じる力は表現しようとするとなお活性化する。苦労や辛苦は魂を成長させる。画家は「共感」という財産を後世に残す。「共感」を得るために生きるのが人生。その幸せな人生を送れるのが画家。その画家になる夢を捨てて今ここにいる。果たして幸福か?

ショートショート『自然の猛威』1

7月11日
ショートショート『自然の猛威』1
・雨やまず 日本列島 水びたし 水田流れ そばも全滅
・山里に 広がる平野 守りたる 神社と寺の 信仰生きる
・吹きすさぶ 風の中を帰路急ぐ 友をおくりて 心配やまず
・台風の 深夜ニュースは 休みなく 悲報相次ぎ心休まず
・美しき 日本列島 吹きすさぶ 豪雨続きて 地獄の如し